初めて利用してみる!|梅田にある夜勤の人も遊ぶことができる昼キャバ!

梅田にある夜勤の人も遊ぶことができる昼キャバ!

梅田にある夜勤の人も遊ぶことができる昼キャバ!

初めて利用してみる!

白い服の女性

昼キャバでも夜キャバでも、キャバクラに初めて行く人にとっては、高いイメージのキャバクラで、実際にどのくらいお金が必要なのか心配になる人もいるのではないでしょうか。たしかに、高級店や頻繁に通ってお気に入りのキャバ嬢がいるという人は、料金が高くなってしまうこともありますが、初めて利用する人やお気に入りの女性がまだ居ない男性は、安くで楽しむことが可能です。キャバ嬢は、接客のプロですからお客様を煽るのも上手です。上手に流されてしまわないように、料金の発生するタイミングをしっかり把握しておきましょう。
キャバクラは1時間を1セットと呼びます。まず、お店に入って座った段階で、1セット料金である、4000円前後の基本料金が発生します。この中には、男性が飲むことのできるフリーボトルが含まれています。フリーボトルのお酒は、その時間飲み放題です。お酒にこだわりを持つ人は、有料ボトルを卸す必要があります。有料ボトルは、大体4000円~設定されているところが多く、お酒のブランドによって料金が異なります。女性と楽しく話すために、女性にもお酒を飲ませてあげたいと思う人も多いでしょう。キャバ嬢は、有料ボトルなら一緒に飲むことができますが、フリーボトルは飲むことができません。好きなお酒を飲ませてあげるのに、大体一杯1200円前後かかると覚えておきましょう。グラスワインやグラスシャンパンは他のお酒に比べると料金が高めなので、飲みたいと言われた際には、料金を確認しておくことをオススメします。また、キャバ嬢は1時間のうちに大体3回転されるので、お酒を奢るペースを考えておきましょう。最も男性が流されやすいのが、交代の際の「ここに居てもいいですか?」という言葉です。これは、指名してくれますか?という合図なので、気を付けましょう。指名をしないで、大体1時間7000円前後で遊ぶことができます。